間違ったムダ毛処理は黒ずみの原因に?!効果的に予防するためには

脱毛の黒ずみ予防!~大阪のエステサロンでうっとり美肌に~

好きな先輩もイチコロ!~エステサロンの脱毛で美肌になれる秘密~

大阪のエステサロンで脱毛をする際に気になるあれこれを見ていきましょう。利用を検討している人は要チェックです。

大阪のエステサロンで行なわれている「光脱毛」とは?

今、大阪のエステサロンで主流になっている脱毛の施術方法が、「光脱毛」です。これは、カメラのフラッシュのように肌に光をあてて毛乳頭や毛母細胞を弱らせていく方法になります。レーザー脱毛に比べて光が柔らかく、痛みもほとんど感じません。使われる光はムダ毛の黒みに反応して働きかけます。毛根組織を破壊するほど強い光ではないため、肌に優しい施術です。永久脱毛ではない分、毛は再び生えてきますが、自己処理が必要ないくらいに薄いものになっていきます。光脱毛は、黒くて太い毛の脱毛に適しています。

エステサロンの脱毛で気になるあれこれ

光脱毛の中でもIPL脱毛が人気だと聞きました。どんな脱毛なんですか?
IPLは「インテンス・パルス・ライト」の略です。光の威力がレーザーよりも抑えられているため、医師でなくても安全に扱える点が最大の特徴です。施術部分にジェルを塗ることで光の吸収を促し、脱毛効果を高めます。施術時の痛みの感じ方は部位ごとに異なり、個人差があります。軽くゴムに弾かれたような僅かな痛みしかありません。
IPL脱毛って黒ずみも改善されるんですか?
IPLで使われる光は「可視光線」ですが、脱毛効果と共に肌細胞を活性化する効果があります。ムダ毛を薄くしながら、肌も美しくなっていくのでまさに一石二鳥です。美肌効果は広く認められていて、リフトアップやフォトフェイシャルでも使われるほどです。肌のターンオーバーを促し毛穴を引き締めてくれるので、ワキやVラインなどの黒ずみもしっかりと改善されます。
エステサロンで脱毛をした後に肌が荒れないか心配です。
大阪のエステサロンでは、ビフォーケアとアフターケアの両方が心掛けられています。脱毛の施術時に肌が乾燥していると、傷みが強くなります。施術の前後では、肌の保湿ケアを徹底して行なうので安心です。施術後は肌をクールダウンさせて、毛穴を引き締めてキメを整えていきます。また、サロンによって施術後のトリートメントに使う美容液やオイル、ローションやクリームは異なります。利用者の肌に合わせて全てのプランが組まれていくので、はじめのカウンセリング時に肌質や気になることを相談しておけばより安心です。

ムダ毛の自己処理は、自分の好きなときにできるので便利だと思います。しかし、毎日のようにカミソリで自己処理をしていると肌にダメージが蓄積して、肌荒れや黒ずみなどの肌トラブルに発展していくでしょう。大阪のエステサロンで脱毛をすることで、ムダ毛処理のストレスから解放されるだけでなく、自己処理による肌トラブルを回避できるのです。

ワキやVラインの黒ずみを引き起こす原因は、誤った自己処理

自分でムダ毛処理を行なう際に、気を付けなければいけないことをいくつか紹介します。黒ずみや乾燥といった肌トラブルを予防するために気を付けましょう。

ムダ毛の自己処理でやってはいけないこと

毛抜きを使う
毛抜きを使うと再び生えてくるまでの期間を長くできますし、一見ツルツルになったように感じるでしょう。しかし、皮膚の一部ごと引き抜いたり毛根につながる毛細血管を傷付けたりする恐れがあります。そのため、「毛のう炎」という毛根の炎症や、皮膚の中に埋もれて毛が生えてくる「埋没毛」を招くリスクが高くなるのです。毛抜きの使用は避けた方が良いでしょう。
毛の流れに逆らって剃る
カミソリを使った脱毛で、「逆剃り」をするのはNGです。肌を傷付けやすい上に毛穴を広げてしまいます。毛の流れに逆らって行なう逆剃りでは、カミソリが肌と毛に掛けてしまう負荷も大きくなります。そのため、肌がガサガサになり乾燥しやすくなるでしょう。できるだけ、毛の流れに剃って剃ることが大事です。
入浴中に処理する
湯船に浸かりながら、カミソリで脱毛する人は少なくないでしょう。ボディーソープや入浴剤で滑りを良くして。しかし、肌がふやけて柔らかい状態でカミソリを滑らせると、必要以上に皮膚を深く削り取ってしまいます。また、手が滑ってカミソリの角度を誤ると、大怪我をしてしまうかも知れません。削り過ぎた皮膚や傷はターンオーバーに乱れを生じさせ、黒ずみの原因を作ってしまいます。脱毛による黒ずみを予防するためには、入浴中ではなくしっかりと脱毛のための時間を作らなければいけません。

正しいムダ毛処理でワキやVラインの黒ずみを予防しよう!

脱毛の黒ずみ対策として、正しいムダ毛処理方法をマスターしましょう。肌への負担を減らすことが最も大事です。いくつかポイントを押さえて、正しい脱毛を行ないましょう。

ムダ毛の正しい自己処理方法~カミソリ編~

お風呂に入る

毛は水分を含むと柔らかくなります。そして、体の汚れをしっかりと落とすことでカミソリの滑りが良くなり、脱毛もしやすくなるのです。肌の清潔を保つことは、脱毛後の肌トラブル予防においても大事です。

シェービングローションを塗る

肌への摩擦を減らすために、シェービングローションを塗ってからカミソリを使いましょう。毛穴引き締めや毛を柔らかくする成分を配合したローションもあるので、自分の肌に合ったものを使うようにします。ボディークリームやジェルを使っても良いです。何も付けずに水だけで剃ることは厳禁です。

毛の流れに沿って剃る

先でも述べましたが、毛の流れに沿って剃ることが大事です。毛が長い場合は逆剃りでは毛が引っ張られてしまい、肌に掛かる負担も大きくなります。はじめにハサミで毛を短くカットしてから、カミソリを使うのも手です。

温かいタオルでシェービングローションを拭き取る

毛を剃った後は温かいタオルでシェービングローションごと拭き取ります。面倒な場合はお湯で流しても良いです。熱過ぎたり冷た過ぎたりするタオルやお湯は、肌に負担を与えてしまいます。適温に気を付けましょう。

剃り残しがないかチェックする

シェービングローションを拭き取った後は、剃り残しがないかチェックします。剃り残しがあれば再びシェービングローションを塗って剃りますが、使うのはカミソリではなく電気シェーバーです。カミソリでの2度剃りは、肌を傷めてしまいます。1度目に剃る際も、何度もカミソリの刃を行き来させるのではなく、計画的に剃るようにしましょう。

肌を引き締めて保湿する

シェービングローションを綺麗に拭き取ったら、保湿を忘れずに行ないます。保湿ローションやクリームを付ける前に、まずは冷たいタオルお置いて肌の火照りを取りましょう。毛穴を引き締めないと、肌が乾燥しやすくなるからです。火照りが取れたら、優しく肌に水分を補給して保湿クリームなどで潤いを閉じ込めます。毛を薄くする酵素配合の保湿剤もあるので、そうしたものを活用しても良いかも知れません。

TOPボタン